お中元

GIOS(ジオス) 2018年モデル LESTA(レスタ):自転車のQBEI 支店 - 29aa5

2019-08-14
カテゴリトップ > ブランド一覧 > G > GIOS(ジオス)
GIOS(ジオス) 2018年モデル LESTA(レスタ)

GIOS(ジオス)ブランドの人気商品

GIOS(ジオス)カテゴリの人気商品をもっと見る

自転車本体・フレーム≫ロードバイク・ロードレーサー≫ロードレーサー≫アルミフレーム GIOS(ジオス)


アルミフレーム独特のレスポンスの効いた走りが魅力。SHIMANO 105とエアロホイールを装備しハイスピードな走りも快適に味わえます。


※パーツやロゴのカラー等のデザインや仕様は予告なく変更となり、商品情報及び画像と異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。


スポーツバイクシーズン到来


☆GIOS☆
1948年、GIOS(ジオス)というブランドはイタリア・トリノで生まれました。
ブランドを代表するジオスブルーという鮮やかなブルーを纏ったバイクが特徴的です。
日本においてはクロスバイクやミニベロなどシティライド向けの自転車がメインと思われがちですが、GIOSは長期に渡りプロチームに機材供給の経験があり、そこで培ったノウハウやプロチームからのフィーバックを元に開発を行ってきました。
フレーム溶接にただならぬこだわりを持ち、精度の高いフレームを作り続けてきたという歴史があります。
現在、日本ではロードバイクを始め、タイムトライアルバイク、クロスバイクやミニベロなど
幅広いGIOSブランドバイクを生み出し続けています。


■GIOSのロードバイク■
GIOSを昔から知る方の中には、GIOSのロードバイクといえば金属のフレームというイメージを持つ方も少なくないかもしませんが、近年では最新の技術を投入したカーボンフレームの生産も行っています。
空力性能に秀でたモデル、軽量性に秀でたモデルなど、他社にも劣らぬラインナップを揃えており、ミドルグレード以上としてラインナップされるカーボンフレームも開発されてたから日が 長くないものの一定以上の評価が得られるようになってきています。プロにも供給され、実戦に投入されるバイクを生み出しています。
ディスクブレーキを装備した流行りのグラベルロードもラインナップにあります。


〇LESTA
LESTA(レスタ)は、アルミフレーム特有のレスポンスのよさが特徴的なロードバイクです。
GIOSのアルミロードバイクの代表格であり、ベストセラーモデルです。
フレームサイズは480mm、500mm、520mm、540mmと4種類展開で、おおよそ160cmの方から185cmほどの方まで対応しています。
カラーはジオスブルーのみで、完成車重量は8.8kgです。


★コンポ―ネント★
SHIMANOの105で統一されており、レースにも即投入できるほどの変速性能・ブレーキ性能を有しています。
ブレーキキャリパーなどのグレードを落とし、価格を抑えるメーカーが多い中すべてのコンポーネントを105で揃えている点もポイントです。
タイヤはVITTORIA ZAFFIRO 25cで、ロードバイクに通常用いられる23cよりも少し太めのものを採用しており、乗り心地のよさに寄与しています。
またホイールはWH-RS330で、ダブルバテッドスポークを採用したリムハイト30mmのセミディープホイールです。
やや高めのリムハイトは、巡行中に速度を維持しやすいというメリットがあります。


【自転車安全整備士による完全組立・点検整備の完成車】
価格
154,224円 (税込) 送料別
※送料込商品は一部地域を除きます
カラー × サイズ
  GIOS_BLUE
480
11月入荷(ご予約枠残り僅か)
500
11月入荷(ご予約枠残り僅か)
520
5〜7日前後(残りわずか)
540
11月入荷(ご予約枠残り僅か)
ご注文のタイミングによっては在庫なしとなってしまう場合があります
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便